性同一性障害問題を発見!!

本人が一番な悩みを抱えているであろう【性同一性障害】はこれからもどんどん増えていくのか?? - 性同一性障害について考えてみよう

性同一性障害について考えてみよう


自分の性別がどうも受け入れられない、自分は異性として受け入れられたいと自覚があるのだったら、それは性同一性障害の可能性が考えられます。

自分が本来こうだと思っている性別として扱われなければ、強い抵抗感や嫌悪感を抱いたり、ひそかに傷ついていたりします。

自分一人だけで悩んでいると、気持ちが不安定になるほどの深刻な精神状態になるおそれもありますので、せめて身内には打ち明けて相談に乗ってもらわなければ本人は辛いばかりでしょう。

家族の理解さえいなければ誰にでも打ち明けられることではありませんので、専門的な相談窓口にまず話してみるのもおすすめです。

性別の問題に関しては多くの人が考えているように、男か女なのかの単純な問題で割り切れるものではありませんし、それを深く理解するためにはジェンダー・アイデンティティというキーワードもカギになってきます。

当事者でない人もこの問題を学ぶことによって、もっと自分の事も深く分かるかもしれませんし、男らしさや女らしさ、その自覚の仕方について考えさせられます。

 

自分にジェンダーに対する意識の問題

ジェンダーに関する個々人の意識は、よく考えてみるととても奥深いです。

自分が男性と女性のどちらとして自覚があるのかと聞かれれば、自分の性について特に何の違和感もない人だったら迷わずはっきりと自覚されているせいを受け入れられますが、それがずれている場合は、どんな感覚なのでしょうか。

女性的な男性や男性的な女性も少なくありませんが、それでもあくまでも自分が男だ、女だという自覚があれば、その性別のまま認識されています。

表面的な男らしさや女らしさばかりではなく、もっと自分の存在、あり方に深くかかわってくるのが、ジェンダーや性同一性障害の問題なのでしょう。

身体のせいで自分が認識されることに非常に違和感や抵抗感を覚えてしまい、違うせいで行きたいのだとはっきりとした願望を持っているのだったら、何らかの対策を打たなければストレスがたまるばかりです。

それを自分で受け入れ、他人にも受け入れられる必要があります。

 

性同一性障害の人々の気持ちや行動

自分のアイデンティティーと、身体の性別が一致していない人の場合、いわゆる性同一性障害を人知れず抱えている人は、日常のあらゆる場面や人との関わりにおいて葛藤やストレスを持続的に持っているのではないでしょうか。

本来自分があるべき姿、自覚している姿とはまた違ったイメージで人から見られているのは私たちにもよくあることですが、性同一生涯の人にとってはそれが自分の存在を完全に間違ってとらえられているという強い抵抗感があると考えられます。

具体的に言えば、その意識としては自分のもともとの身体の特徴に強い建艦を覚える心理があります。

女性性を自覚している身体が男性の人は、自分の男らしい身体に気持ち悪さや嫌悪感を感じますし、男性性を意識している身体が女性の人は、乳房が膨らんで来たりする体の変化に戸惑いを覚えるばかりなのです。

心理的な葛藤を隠したままで生活している性同一性障害の人も多いですが、それが表面的な形で強い意思表示として表れるケースもあります。

例えば極端に女っぽい恰好をしてみたりとか、男らしいそぶりや遊びを好んだりといった行動で表れるでしょう。

他の人から見れば奇行にしかうつらなくても、当人にとってはそれが自然な状態なのだということが理解されなくては、周囲も戸惑いや違和感を覚えるばかりで、ますます困惑させられます。

あえて男らしさや女らしさと反対の言動をとりたがる人を見かけたら、本当の素直な気持ちを話してもらい、誤解が生まれないように周囲にも伝えていく必要があると思います。

更新情報

[2014-11-04]
同性愛の違いの情報を更新しました。
[2014-11-04]
ジェンダー・アイデンティティとは何か??の情報を更新しました。
[2014-11-04]
ホルモン療法を適用する場合の情報を更新しました。
[2014-11-04]
性別適合手術を受けるときは覚悟が必要の情報を更新しました。
[2014-11-04]
望んでいる性別に変更した後の手続きの情報を更新しました。
ページ上に戻る